線区別通票種別一覧

<中 部>   北海道 東北 関東・甲信 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ
氷見線 高岡−氷見〈1987.8.15〉

タブレット

自動閉塞化

高岡●能町■伏木●雨晴▲氷見  新湊線(貨物線)…能町▲新湊 → 越中、新湊様から情報をいただきました
伏木駅には今もタブレット種別標示が残されています 今も残る伏木駅の種別表示

富山港線 富山−岩瀬浜

富山−城川原…タブレット
城川原−岩瀬浜…スタフ

自動閉塞化
のち三セクLRT化

富山●城川原▲岩瀬浜 → 越中、新湊様から情報をいただきました
私鉄発祥のため開業当初から直流電化。70系など旧型国電の最後の働き場の1つでした。JRの手を離れた後は、一部区間を除き第三セクターのLRT「富山ライトレール」として2006/4/29に再出発。

七尾線 穴水−輪島〈1989.8.6〉 

タブレット

路線廃止

穴水■能登三井▲輪島 
のと鉄道移管後も通票が頑張っていましたが、利用客減少には勝てず廃止されてしまいました。能登線廃止により、のと鉄道は七尾ー穴水間だけに…

能登線 穴水−蛸島〈1982.11.15改正〉 

穴水ー珠洲…タブレット
珠洲ー蛸島…スタフ

路線廃止

穴水▲甲■鵜川●宇出津▲松波■珠洲▲蛸島 → ashiwodi様から情報をいただきました
のと鉄道移管を経て2005年3月末で廃止。珠洲ー蛸島間のスタフは最後まで残っていました。

越美北線 南福井−九頭竜湖〈1989.8.9〉 

南福井ー越前大野…タブレット
越前大野ー九頭竜湖…スタフ

越前大野−九頭竜湖間非自動現役

南福井●越前東郷▲美山■越前大野▲九頭竜湖
南福井は福井ー越前花堂間にある貨物駅で、当線の戸籍上の起点でもありました。南福井では閉塞・通票扱いをしていましたが列車は停車しないため、「通票搬送装置」で通票を福井へ「転送」し、実際の通票授受は福井でおこなっていました。

飯田線 豊川−辰野〈1976.8現在〉

タブレット

自動閉塞化

〈1976.8現在〉豊川●三河一宮▲長山■東上●野田城▲新城●三河東郷■大海▲本長篠■三河大野●三河槙原▲三河川合■東栄●浦川▲中部天竜■佐久間●城西▲水窪■大嵐●小和田▲伊那小沢■平岡●温田▲門島■天竜峡●時又■駄科●伊那八幡▲鼎■飯田●元善光寺▲市田■山吹●伊那大島▲上片桐●大沢(信)■七久保●伊那本郷▲飯島■伊那福岡●駒ヶ根▲宮田■沢渡●伊那市▲伊那北■北殿▲伊那松島■沢●羽場▲伊那新町●辰野 → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
(併合閉塞…豊川■新城●本長篠▲三河川合◎中部天竜■平岡◎天竜峡/飯田■伊那大島◎駒ヶ根▲伊那北●伊那松島◎辰野)
  
→ 併合閉塞区間について糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました
〈1983.7.5改正〉豊川ー(上記に同じ)ー伊那八幡■飯田(併合閉塞は変更なし)(飯田ー辰野間特殊自動) → ashiwodi様から情報をいただきました
私鉄由来だけあって駅間距離・閉塞区間が短く、こうして見るとなかなか壮観ですね。基本閉塞は、一部例外はありますがおおむね●→▲→■の順になっているのがわかります。

紀勢本線 亀山−新宮 新宮−白浜はこちら 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1970年代後半〉亀山◎下庄▲一身田●津■阿漕◎高茶屋▲六軒●松阪■徳和▲多気●相可◎佐奈■栃原▲川添●三瀬谷■滝原▲伊勢柏崎●大内山■梅ヶ谷◎紀伊長島▲三野瀬●船津■相賀◎尾鷲▲大曽根浦●九鬼◎三木里■賀田▲新鹿◎大泊●熊野市■神志山▲阿田和●鵜殿■新宮 → 糟谷滋様から情報をいただきました
〈1965〉亀山ー(上記に同じ)ー多気●佐奈ー(上記に同じ)ー相賀▲尾鷲●九鬼■賀田ー(上記に同じ)ー新宮(併合閉塞…亀山●津■松阪●多気◎三瀬谷■大内山▼紀伊長島◎尾鷲●新鹿/熊野市■新宮) 【貨物支線(票券閉塞)】新宮●熊野地 → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
亀山ー白浜間275.4キロもの長大タブレット閉塞区間の前半部。尾鷲ー熊野市間のような新しい開通区間でも腕木・タブレットが使われました。

参宮線 多気−鳥羽〈1965〉

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

多気■田丸●宮川■山田上口▲伊勢市●二見浦■鳥羽(併合閉塞…多気▼伊勢市) → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
戦前には部分的に複線化された時期もありましたが、鉄材供出で全線単線化されてしまいました。今でも線路脇に複線用地の残っている箇所があります。

二俣線 掛川−新所原〈1980.10改正〉

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

掛川●遠江桜木■遠江森●遠江二俣▲宮口●金指■西気賀▲三ケ日●新所原(併合閉塞…金指●新所原) → 糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました
現・天竜浜名湖鉄道。転換直後も一部で非自動が残っていました。西気賀駅にあった腕木式遠方信号機は国内最後のものと言われています。

清水港線 清水−三保〈1980.10改正〉

タブレット

路線廃止

清水●清水港第一(清水埠頭)■巴川口▲三保 → 糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました
晩年は旅客列車が「1日1往復」で有名でしたが、3閉塞区間に分かれていたとは驚きです。貨物も若干しか走ってなかったはずですが…

関西本線 四日市−木津〈1965〉

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

四日市★井田川■亀山▲関●加太■中在家(信)▲柘植●新堂■佐那具▲伊賀上野●島ヶ原■大河原▲笠置●加茂■木津(併合閉塞…四日市▼亀山/柘植●伊賀上野■大河原) → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
東海道本線と並ぶ名阪ルートだったのも今は昔。現在もほぼ全駅交換可能でホームも長く、幹線の面影を随所に見ることができます。

名松線 松阪−伊勢奥津〈1992.1.13〉 

松阪ー家城…票券
家城ー伊勢奥津…スタフ

非自動現役

松阪▼家城■伊勢奥津 → まゆつば鉄道様から1965年時点も同種別(ただし全区間票券閉塞)との情報をいただきました
松阪−家城間は票券閉塞なので、第3種の穴の形が▼となっています。

神岡鉄道 猪谷−奥飛騨温泉口〈1999.4.24〉

スタフ

路線廃止

猪谷▲神岡鉱山前●奥飛騨温泉口
2閉塞区間連続スタフ閉塞は全国的にも珍しいのでは。臨時列車などを割り込ませるのは至難の業と思われますが…。2006/12/1廃止。

大井川鐵道 金谷−新金谷(2001.9.2)

スタフ

非自動現役

金谷●新金谷
元・近鉄や元・京阪など通票とは無縁だった鉄道の車両もここではスタフと仲良く走っています。かつては蒸機とスタフの組み合わせも見られたのですが、今は新金谷折り返しとなってしまったためスタフ区間を走る姿は見られなくなりました。

明知鉄道 恵那−明智〈2000.7.22〉

恵那ー岩村…スタフ
岩村ー明智…タブレット

自動閉塞化

恵那■岩村●明智
2004/3/23付けで特殊自動閉塞化されました。腕木式信号機や硬券も残っていたのですが。

名古屋鉄道 三河線 吉良吉田−碧南/梅坪−西中金 

吉良吉田ー三河平坂…票券
梅坪ー猿投…タブレット
猿投ー西中金…スタフ

梅坪ー猿投間を除き路線廃止

吉良吉田■三河平坂▲碧南/梅坪▲猿投●西中金
両端部分は2004/4/1、ついに廃止されてしまいました。吉良吉田−碧南間は日中以降は併合1閉塞●です。梅坪−猿投間はもちろん現在自動閉塞。

名古屋鉄道 尾西線 森上−玉ノ井〈1989.9.28〉 

森上ー新一宮…タブレット
新一宮ー玉ノ井…スタフ

自動閉塞化

森上▲萩原■苅安賀●新一宮★玉ノ井
尾西線も新一宮駅高架化までは通票を使用していました。

名古屋鉄道 谷汲線 黒野−谷汲〈1989.9.28〉 

黒野ー北野畑…票券
北野畑ー谷汲…スタフ

路線廃止

黒野▼北野畑●谷汲
オールドタイマー750形の頑張っていたこの線も増発日以外は併合1閉塞。2001/9/30、惜しまれつつ廃止となりました。

名古屋鉄道 揖斐線 黒野−本揖斐 

スタフ

路線廃止

黒野●本揖斐
谷汲線と同じくここも750形の仕事場でした。揖斐線はこの区間のみ2001/9/30に廃止されましたが、残りの区間も決して安泰とは言えないようです。

名古屋鉄道 八百津線 明智−八百津 

スタフ

路線廃止

明智●八百津
昔は電化されていましたが、架線が撤去されLEカーの天下となりました。ここも2001/9/30に廃止。

名古屋鉄道 築港線 大江−東名古屋港〈1989.9.29〉 

スタフ

非自動現役

大江▲東名古屋港
ここのスタフは津軽鉄道末端部と同じく、金属棒の先端に▲の真鍮板を付けた棒状通票です。通常のタブレットキャリアより少し小振りの専用キャリアの中央部に、ぶら下がるような形で支持されていて、キャリアの輪の部分を持って受け渡しされます。

名古屋鉄道 美濃町線 梅林・田神−美濃〈1989.9.28〉

通票式

路線廃止

   梅林■競輪場前▲野一色●日野橋■下芥見▲白金●赤土坂■新関▲神光寺●美濃   
田神■市ノ坪●┛                      ┗●関
新関−美濃間は廃線となりましたが、新設された新関−関間は通票式となりました。路面電車には「閉塞」の概念がありませんから、通票の持つ意味合いは鉄道線とは少し違います。日中は完全ネットダイヤが組まれていましたが、始発・終発付近では続行運転をうまく利用して各区間に通票をばらまき、または回収していました。残存区間も、存続に向けた協議が不調に終わり2005/3/31をもって全線廃止。

尾小屋鉄道 新小松−尾小屋〈1974.9.1現在〉

新小松ー金平…票券
金平ー尾小屋…スタフ

路線廃止

新小松●金平▲尾小屋 → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
かつては西大野と観音下(かながそ)でも閉塞扱いをしていたとのことです。

次のページ(近畿)へ 北海道 東北 関東・甲信 中部 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ