線区別通票種別一覧

<四 国>   北海道 東北 関東・甲信 中部 近畿 中国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ


2008/6/29 「ふらっとレール」のt_yosi様から国鉄時代の「四国支社 運転関係基準規程」(昭和44年3月発行)の写しをご提供いただきました。これにより追加した内容には文中〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉と表示してあります。

高徳本線 栗林−吉成

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉栗林■屋島●志度▲造田■讃岐津田●丹生■三本松▲讃岐白鳥●引田◎讃岐相生■阿波大宮●板野▲板東■池谷●勝瑞■吉成
JR四国から通票が消えて久しくなりますが、かつては通票王国とも言うべき繁栄ぶりでした。この線の通票閉塞区間が中途半端なのは、他線が合流し構内配線が複雑な高松・佐古両駅での通票扱いを回避したためだと思われます。

牟岐線 徳島−海部

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉徳島▲二軒屋■地蔵橋●中田◎南小松島■立江●羽ノ浦■阿波中島▲阿南●阿波橘■桑野▲阿波福井●由岐■日和佐▲牟岐
〈1986.3.13〉徳島▲二軒屋●中田◎南小松島■立江●羽ノ浦■阿南●
桑野▲由岐■日和佐▲牟岐◎海部
土讃線高知以西とともに、四国では比較的後年まで非自動閉塞が残っていた路線です。ここでは急行むろとの通過授受が見られました。牟岐ー海部間は1973/10/1の開業。

鳴門線 池谷ー鳴門

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉池谷▲鳴門
途中駅はすべて1面1線の棒線路線ですが、鳴門駅には2線あるので続行運転も可能です。

鍛冶屋原線 板野ー鍛冶屋原

票 券

路線廃止

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉板野◎鍛冶屋原
高徳線全通以前からの歴史を持つ路線でしたが、利用客も少ないまま1972/1/16限りでひっそりと廃止。国鉄バス鍛冶屋原線に転換されたものの、ジェイアール四国バスになってからこれも撤退してしまいました。

小松島線 中田ー小松島

タブレット

路線廃止

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉中田▲小松島
小松島駅ホームの数百メートル先の小松島港臨時乗降場が事実上の終着駅だったユニークな路線。詳しくはこちらを。

徳島本線 蔵本−辻

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉蔵本■府中▲石井●牛島■鴨島▲阿波川島●学■山瀬▲阿波山川●川田■穴吹▲小島●貞光■阿波半田▲江口●阿波加茂■辻
ここも高徳本線と同様、他線との合流駅である佐古・佃での通票扱い回避を図ったものでしょう。

土讃本線 高知−窪川〈1986.3.14〉

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉高知●旭■朝倉▲伊野●日下■西佐川◎佐川●斗賀野■吾桑▲多ノ郷●須崎■土佐久礼▲影野●窪川
〈1986.3.14〉高知(この間上記と同じ)日下■西佐川●斗賀野(この間上記と同じ)窪川
四国では最も遅くまで特急と通票の組み合わせが見られた区間でした。現在佐川の交換設備は復活しています。

中村線 窪川ー土佐佐賀

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉窪川▲土佐佐賀
現・土佐くろしお鉄道中村線。国鉄中村線として最初は土佐佐賀まで部分開業し、この先中村まで延びたのが1970/10/1。予土線全通とともに川奥信号場が設置されたのは1974/3/1のことでした。

予讃本線 伊予西条−宇和島 

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉伊予西条▲石鎚山◎伊予小松●壬生川■伊予三芳▲伊予桜井◎伊予富田●今治■波止浜▲大西●伊予亀岡■菊間▲浅海◎伊予北条●粟井■堀江▲伊予和気◎三津浜●松山■北伊予▲伊予市◎三秋(信)●伊予上灘■下灘▲喜多灘◎伊予長浜●伊予白滝■五郎▲伊予大洲●伊予平野■千丈▲八幡浜●双岩■伊予石城▲卯之町●下宇和■立間▲伊予吉田◎北宇和島●宇和島
〈1986.3.11〉伊予上灘■伊予長浜●伊予白滝
伊予西条の高松方は自動閉塞。内子経由の山線開業後も、海線の一部分だけはなぜかタブレット閉塞がしばらく継続。上灘の松山方、向井原−高野川間には三秋信号場跡が生々しく残っていました。ここでの通票扱いを見たかった…。

内子線 五郎ー内子

票 券

自動閉塞化
(五郎ー新谷間廃止)

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉五郎●内子
予讃線山線の一部に組み込まれながらも線区としては存続していますが、単線自動閉塞・一線スルー・強化された路盤など、盲腸線のころを偲ぶ面影はほとんど皆無と言ってよいでしょう。現在の五郎駅はこちら

宇和島線 北宇和島−江川崎

タブレット

自動閉塞化

〈1969.3発行「運転関係基準規程」による〉北宇和島■伊予宮野下▲近永●江川崎
現・予土線。1974/3/1の全通とともに自動閉塞化。

土佐電気鉄道 伊野線 朝倉−伊野〈1987.10.8〉

通票式

非自動現役

朝倉▲八代通交換所◎伊野
軌道線なので閉塞の概念はなく、保安方式としての「通票式」を施行しています。八代通電停の少し東方にある交換所で一旦停止し、運転士どうしが電車の窓越しに通票を受け渡しします。八代通−伊野間の◎は第4種楕円と思いきや、実は「細長くひしゃげた円形」なのでした。始発・終発前後に「タマ運び列車」の続行が見られます。

住友別子鉱山鉄道 新居浜港ー端出場〈1966〉

タブレット

路線廃止

新居浜港●星越◎山根■端出場(はでば) → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
星越はスイッチバック式の停車場でした。台風の被害等もあり、1977/2/1に廃止。


次のページ(九州)へ 北海道 東北 関東・甲信 中部 近畿 中国 通票の現存する線区 種別一覧トップ