線区別通票種別一覧

<関東・甲信>   北海道 東北 中部 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ
弥彦線 弥彦−吉田〈1990.7.31〉 

スタフ

自動閉塞化

弥彦▲吉田
JRでは最後まで残っていた電車と通票の組み合わせ。2005年頃に特殊自動閉塞化されました → 自動化についてのらりくら2号様から情報をいただきました

飯山線 豊野−越後川口〈1992.1.11〉 

タブレット

自動閉塞化

豊野▲替佐■飯山●戸狩野沢温泉▲桑名川■森宮野原▲津南●十日町■越後岩沢▲越後川口
津南と越後岩沢は、所定ダイヤでは列車交換がないのに閉塞扱いをしていました。自動化後は案の定、棒線化されました。

烏山線 仁井田−烏山 
タブレット?票券?スタフ?

自動閉塞化

仁井田■大金▲烏山 〈1980.8.25〉
大金■烏山(スタフ) 〈2001.9.3〉
1980年時点の閉塞方式は不明です。おそらくタブレットではないかと思うのですが…。2012/5/26全線特殊自動閉塞化。

真岡線 下館−茂木〈1982.11.15改正〉 

票 券

真岡鐵道転換とともに自動閉塞化

下館◎真岡■茂木 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・真岡鐵道。2閉塞区間連続票券閉塞という珍しい形態でした。

八高線 八王子−群馬藤岡 

タブレット

自動閉塞化

高麗川▲毛呂●越生■明覚▲小川町●竹沢■寄居▲児玉●丹荘■群馬藤岡〈1990.7.30〉
八王子■小宮●拝島▲東福生■箱根ヶ崎▲金子●東飯能■高麗川▲毛呂●越生■明覚▲小川町●竹沢■寄居▲用土●児玉■丹荘▲群馬藤岡〈時点不明〉
 
→ 八王子ー群馬藤岡間の完全版は運転時刻表ギャラリー様を参考にさせていただきました。
DD51牽引の石灰石列車が通過授受しながら頑張っていました。「はえたたき」は既になかったですが「蚊取り線香」は健在でした。

外房線 蘇我−勝浦 

タブレット

自動閉塞化

蘇我▲鎌取●誉田■土気▲大網●永田■本納▲新茂原■茂原▲八積●上総一ノ宮▲東浪見■太東▲長者町●大原■浪花▲御宿●勝浦〈1971.9.26現在ダイヤ〉
 
→ 運転時刻表ギャラリー様を参考にさせていただきました。
当時は気動車王国の千鉄局管内。全国からかき集めた車両で夏臨を大増発していたのも今は昔…

久留里線 木更津−上総亀山

タブレット

自動閉塞化

木更津▲横田●馬来田■久留里▲上総亀山 〈1992.3.21〉
木更津▲横田●久留里▲上総亀山 〈上記以降〉 
→ 「やまてつほーむぺーじ」のひろ様から情報をいただきました
1992年時点ではすでに馬来田での列車交換はなく、現在は棒線化されています。2012/3/17全線特殊自動閉塞化。

木原線 大原−上総中野〈1984.2.1〉

タブレット

自動閉塞化

大原▲国吉■大多喜●上総中野 → 中村大樹様から情報をいただきました
現・いすみ鉄道。国吉には比較的後年まで腕木式遠方信号機が残存していました。

相模線 茅ヶ崎−橋本〈1981.8.26〉

タブレット

自動閉塞化

茅ヶ崎▲北茅ヶ崎■寒川●倉見▲社家●厚木(本屋)■相武台下●原当麻■番田●南橋本■橋本(茅ヶ崎ー寒川間は推測)
厚木は駅ホームから少し橋本寄りに信号場のような交換所があり、校庭の朝礼台のような台に駅員が立ってタブレット扱いをしていました。貨物列車の通過授受も見られました。海老名駅開業とともに厚木−相武台下間が自動閉塞化、電化と同時に全線自動閉塞化。

身延線 身延−甲府

タブレット

自動閉塞化

身延■波高島▲下部●甲斐常葉■甲斐岩間●鰍沢口■市川大門▲甲斐上野●東花輪■常永▲国母●南甲府▲甲府
 
→ 運転時刻表ギャラリー様を参考にさせていただきました。
旧国とタブレット・腕木の組み合わせが絶妙な路線でした。急行「富士川」が通過授受。

小海線 小淵沢−小諸〈1982.11.15改正〉

連 査

自動閉塞化

小淵沢ー甲斐小泉ー清里ー野辺山ー信濃川上ー佐久海ノ口ー小海ー八千穂ー羽黒下ー臼田ー中込ー岩村田ー三岡ー小諸(併合閉塞…小淵沢ー信濃川上ー小海)
 → ashiwodi様から情報をいただきました
連査閉塞は1967年使用開始で、それ以前はタブレットだったようです。1986年に特殊自動閉塞化。

大糸線 北松本−糸魚川〈1982.11.15改正〉

連 査

自動閉塞化

北松本ー島内ー一日市場ー豊科ー穂高ー有明ー安曇追分ー信濃松川ー信濃常盤ー信濃大町ー信濃木崎ー簗場ー神城ー白馬ー信濃森上ー南小谷ー中土ー平岩ー根知ー糸魚川(併合閉塞…北松本ー豊科ー信濃大町ー南小谷/平岩ー糸魚川) → ashiwodi様から情報をいただきました
松本ー北松本間は自動閉塞。松本駅構内の配線等の関係だったのでしょうか。ここも小海線と同じくタブレット→連査→自動という流れをたどっています。

秩父鉄道 影森−三峰口〈1992.1.12〉

タブレット

自動閉塞化

影森●武州中川▲武州日野■三峰口
電車・蒸機による通過授受が影森、中川、日野の各駅で行なわれていました。昔から蒸機と通票は切っても切り離せない関係だったのですが、このころ通票使用線区を走るSLは全国でここと大井川鐵道だけとなっていました。

銚子電気鉄道 銚子−外川〈1986.8.25〉 

票 券

非自動現役

銚子●仲ノ町■笠上黒生▲外川
現在の銚子−仲ノ町間は自動閉塞です。笠上黒生では最後の腕木式信号機が孤塁を守っていましたが、色灯化されました。

小湊鉄道 上総牛久−上総中野〈1992.3.21〉

上総牛久−里見…票券
里見−上総中野…スタフ

非自動現役

上総牛久▲里見■養老渓谷●上総中野
上総牛久▲里見●上総中野  <2017/7/31>
列車本数の削減により、1998/9/16に上総牛久−上総中野間22.7キロが1閉塞(スタフ)となりましたが、2013/3/16に里見の交換設備が復活し2閉塞に。閉塞区間の途中駅である養老渓谷折り返し列車も健在。

関東鉄道 竜ヶ崎線 佐貫−竜ヶ崎(2001.9.3)

スタフ

非自動現役

佐貫(六角形)竜ヶ崎
タマは穴のかわりに六角形のヘソが出ているという代物。票券閉塞方式の地方私鉄によくあったタイプですが、ここもその名残りかもしれません。

長野電鉄 河東線 屋代−須坂/信州中野−木島(1973.10.1)

タブレット

屋代−須坂…自動閉塞化
信州中野−木島…路線廃止

屋代▲雨宮■松代●金井山■信濃川田▲綿内●須坂/信州中野●柳沢■木島 → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
1982年まで屋代から国鉄急行「志賀」湯田中行が乗り入れており、線内では169系による通過授受があったものと思われます。

長野電鉄 山ノ内線 信州中野−湯田中(1973.10.1)

タブレット

自動閉塞化

信州中野■信濃竹原●湯田中 → まゆつば鉄道様から情報をいただきました
当時すでに長野ー朝陽間は複線自動閉塞、朝陽ー信州中野間は単線自動閉塞でした。OSカー運転席後ろにはタブレット保護棒が付いていたそうですが通過授受は…

蒲原鉄道 加茂−五泉〈1984.2改正ダイヤ〉

東加茂−村松…タブレット
その他…スタフ

路線廃止

加茂■東加茂▲七谷●大蒲原(縦長の楕円)村松■五泉 (併合閉塞…七谷(八角形)村松) → さばた295様から情報をいただきました
ここでもユニークな穴の形のタブレットや通票がありました。大蒲原では厳冬期(1/1〜3/31)のみ閉塞を取り扱っていました。

ドリーム開発 大船−ドリームランド〈1966〉

票 券

路線廃止

大船■小雀(信)●ドリームランド → てる様から情報をいただきました
わずか1年少しで運転を休止した跨座式モノレール路線。票券閉塞と信号場、どちらもモノレールとしては唯一のものではないでしょうか。

次のページ(中部)へ 北海道 東北 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ