烏山線  2001/9/3撮影


私が初めて訪れた1985年夏は宝積寺−仁井田間が自動閉塞、仁井田−大金−烏山で通票を使用していました(閉塞方式は不明)。
のち仁井田が棒線化されて宝積寺−大金が1閉塞となり、末端部の大金−烏山間に名残りのスタフ閉塞が残っています。
運転本数がそれなりに多いこの線に非自動が現存するのも、JRにしては珍しいですね。


運転時刻表

地味で目立たない種別記号

大金の下り方遠方信号機と場内信号機
確認して出発

駅前にそびえる瀟洒?な建造物は
「大金いかんべ共和国」の大統領府

毎日 列車ごとに繰り返される光景が
今や貴重なものとなりつつある