線区別通票種別一覧

<中 国>   北海道 東北 関東・甲信 中部 近畿 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ


  
路線・区間名横に※印を付した線区の1965年時点のデータは、まゆつば鉄道様から頂きました。
  (国鉄関西支社「運転取扱基準規程・昭和40年」による)


山陰本線 米子−長門市〈1965〉 京都−伯耆大山はこちら 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

米 子 (連査)出雲市▲知井宮●江南■小田▲田儀●波根■久手▲石見大田●静間■五十猛▲仁万●馬路■温泉津▲石見福光●黒松■浅利▲石見江津●都野津■波子▲ 下府●浜田■西浜田▲周布◎折居●三保三隅■岡見▲鎌手●石見津田◎石見益田■戸田小浜●飯浦■江崎▲須佐◎宇田郷●木与■奈古▲長門大井●東萩■萩▲三 見●長門三隅■長門市
併合閉塞…出雲市●石見大田■石見江津▲浜田/西浜田●石見益田/須佐●東萩)
知井宮=現・西出雲、石見大田=現・大田市、石見江津=現・江津、石見益田=現・益田 です。出雲市以西は1970年代後半までタブレット閉塞が残っていました。

倉吉線 上井−山守 

上井−関金…タブレット
関金ー山守…スタフ

路線廃止

上井◎倉吉■西倉吉▲関金●山守
上井=現・倉吉。当時の倉吉駅は市の中心に近かったのですが、1972年に倉吉の名を上井駅に譲って打吹(うつぶき)駅と改称しました。1985年廃止。

因美線 鳥取−東津山〈1988.7.22〉 

タブレット

自動閉塞化

〈1988.7.22〉鳥取●津ノ井■郡家●用瀬▲智頭●那岐▲美作河井■美作加茂●高野▲東津山
〈1965〉鳥取●津ノ井■郡家●用瀬▲因幡社■智頭●那岐▲美作河井■美作加茂●高野▲東津山
御存じ、JR最後のタブレット通過授受を急行砂丘が演じていました。郡家構内の腕木式信号機の林立ぶりは見事でしたね。全線自動閉塞となった現在、智頭以北は智頭急行の恩恵で結構な繁盛ぶりですが、以南はなんとも惨めなダイヤに…。

若桜線 郡家−若桜 

票 券

自動閉塞化

郡家▲八東■若桜
現・若桜鉄道。三セク転換時には全線1閉塞に統合されていました。因美線が自動化された後もしばらく票券閉塞のままで、腕木式信号機も残っていました。

津山線 鳥取−東津山〈1988.7.22〉

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

岡山●法界院▲玉柏●野々口■金川▲建部■福渡◎神目●弓削■亀甲▲津山口◎津山併合閉塞…岡山■福渡▼津山)
岡山−鳥取間急行砂丘が通過授受をやっていました。自動閉塞化以後、神目と津山口の交換設備はなくなりました。

伯備線 倉敷−伯耆大山〈1965〉 

タブレット

自動閉塞化

倉敷●清音■総社▲豪渓●美袋■ 備中広瀬▲備中高梁●木野山■備中川面▲方谷●井倉■石蟹▲新見●布原(信)◎備中神代■足立▲上石見●生山■上菅▲黒坂●根雨■江尾▲伯耆溝口●岸本◎伯耆大山 → 糸崎車掌区車掌長様から、1972年時点においても倉敷ー根雨間が上記のとおりであった旨の情報をいただきました
1972/3の改正で蒸機と通票が同時に姿を消しました。当時は下石見信号場(上石見−生山間)及び上溝口信号場(江尾−伯耆溝口間)の開業前でした。

芸備線 備中神代−三次〈1965〉 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

備中神代●坂根■矢神▲野馳●東城■備後八幡▲小奴可●道後山◎備後落合■比婆山●備後西城▲高■備後庄原●山ノ内▲下和知■塩町▲神杉★三次併合閉塞…備後落合●備後西城■備後庄原▼三次)
昔から決して運転本数が多いとは言えない区間でしたが、こまめに閉塞扱いをしていたものですね。このうち現在も交換可能なのは何駅くらいでしょうか…

吉備線 岡山−総社〈1965〉 

タブレット

自動閉塞化

岡山◎大安寺●備前一宮▲吉備津■備中高松●東総社◎総社
地方交通線の優等生的存在。そのため早いうちに自動閉塞に切り替えられました。近い将来LRT化されるとの情報もあります。

境 線 後藤−境港〈1988.7.26〉 

タブレット

自動閉塞化

〈1988.7.26〉後藤▲弓ヶ浜■大篠津●境港
〈1965〉米子◎後藤▲弓ヶ浜■大篠津●境港
列車本数の急激な増加によりタブレット閉塞では対応できなくなり自動化された典型例でしょうか。1988年当時、弓ヶ浜での列車交換はありませんでした。貨物も若干走ってましたね。大篠津の腕木式信号機は空港に隣接するため背の低いものが使われていました。

大社線 出雲市−大社〈1985?〉

票 券

路線廃止

出雲市●大社 → 中村大樹様から情報をいただきました 
社殿造りの大社駅舎があまりにも有名でした。一畑電鉄の出雲大社前駅と比べて地理的に不利な条件下にあったようです。

木次線 宍道−備後落合 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1988.7.21〉宍道◎加茂中●木次■出雲三成▲出雲横田●出雲坂根▲備後落合併合閉塞…木次◎出雲横田)
〈1984.12〉宍道◎加茂中●出雲大東■木次●下久野■出雲三成▲出雲横田●出雲坂根■油木▲備後落合
 → 中村大樹様から情報をいただきました 
〈1965〉宍道◎加茂中●出雲大東■木次●下久野■出雲八代▲出雲三成●亀嵩■出雲横田▲八川●出雲坂根■油木▲備後落合併合閉塞…宍道●木次▼出雲坂根)
JR西日本最後のタブレット閉塞も、2001年7月にとうとう自動閉塞化されてしまいました。大昔スキー臨の乗り入れていたころは、油木でも冬季のみ臨時に閉塞扱いをしていました。

福塩線 福山−塩町(1972)

タブレット

自動閉塞化

福山●備後本庄■神辺▲万能倉●戸手■新市▲府中●下川辺■河佐▲備後矢野●上下■備後安田▲吉舎◎塩町 → 糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました 
非自動時代は70系などの旧国も頑張っていました。下川辺は棒線駅ですが、ここで折り返す列車が設定されていたので閉塞扱いをしていたそうです。現在備後本庄は、横尾の交換駅化に伴って棒線駅となっています。

芸備線 矢賀−矢神(1972/三次−矢神間は1978.10改正)

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

矢賀■安芸矢口●下深川▲狩留家■中三田●志和口■向原▲吉田口●甲立▲志和地■西三次▲三次◎神杉▲塩町■備後庄原●高▲備後西城■備後落合●小奴可▲備後八幡■東城●矢神併合閉塞…三次■備後庄原▼備後西城) → 糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました 
広島−矢賀間と矢神ー備中神代間は特殊自動閉塞。1972年当時の芸備線は無煙化が完了しており、キハ10系や20系、55系、DE10などが活躍していたそうです。急行「ちどり」「やまのゆ」「たいしゃく」などが通過授受。

可部線 横川−加計〈1986.3.17〉/加計−三段峡〈1997.3.23〉

横川−可部…タブレット
可部ー加計…票券
加計−三段峡…スタフ

可部ー三段峡間廃止

横川●三滝▲安芸長束◎下祇園■古市橋▲梅林●可部■安芸飯室●水内▼加計 / 加計●三段峡
可 部までの電車区間でタブレット閉塞をやっていたなんて、今からではとても信じられませんね。逆に加計−三段峡間は開業当初自動閉塞だったものが、区間の閑 散化とともに戸河内・筒賀の交換扱いがなくなり、スタフ閉塞が導入されるという珍しいパターンでした。加計以北は2003/11/30、惜しまれつつ廃線 に。

岩日線 北河内−錦町〈1985.8.2〉

タブレット

自動閉塞化

北河内■河山●錦町
現・錦川鉄道。岩徳線との分岐点である森ヶ原(信)を含む区間は自動閉塞でした。

水島臨海鉄道 妹尾駅員様から情報をいただきました

倉敷市−水島…タブレット
水島ー川鉄前…票券
その他…スタフ

港東線非自動現役

〈2005.2現在〉港東線:水島●東水島 / 西埠頭線:三菱自工前■西埠頭
〈1970.10〉水島本線:倉敷市■西富井▲弥生ー水島■西埠頭(弥生ー水島…旅客線:弥生◎水島/貨物線:弥生●栄町仕訳所(入換扱い)水島) 港東線:水島●東水島 / 川鉄線:水島▲川鉄前
1970年当時、弥生ー水島間は旅客線と貨物線の単線並列で、双方異なる種別のタブレットを使用していました。旧・川鉄線は現在も水島本線水島ー三菱自工前ー倉敷貨物ターミナル間として残っています。川鉄線は1983/4/1、西埠頭線は2016/7/15廃止。

同和鉱業片上鉄道 

タブレット

路線廃止

〈1968.10〉片上●清水■和気▲本和気●天瀬■備前矢田▲苦木●備前塩田■周匝▲吉ヶ原●柵原
〈1963.10〉片上●清水■和気▲本和気◎天瀬●備前矢田■苦木▲備前塩田●備前福田■周匝▲美作飯岡●吉ヶ原■柵原  
1968 年10月改正時に2区間で閉そく区間の統合がありましたが、なぜか統合とは無関係な本和気ー天瀬間が◎から●に変更されるとともに、それに伴い天瀬ー柵原 間も種別変更を行い、片上から柵原まできれいに123123…の順序となりました。第4種楕円の廃止と大幅な種別変更を行った理由は謎です。1972年に 自動閉そく(ARC)となりました。


次のページ(四国)へ 北海道 東北 関東・甲信 中部 近畿 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ