線区別通票種別一覧

<東 北>   北海道 関東・甲信 中部 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ
津軽線 蟹田−三厩 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

青森▲奥内■蓬田●蟹田▲三厩併合閉塞…青森◎蟹田〈1978〉 → 糟谷滋様から情報を頂きました
蟹田▲三厩〈1987.8.24〉
1987年時点の津軽線は青函トンネル開業に向けて線路強化および電化工事中で、青森−蟹田間は既に自動閉塞でした。

大湊線 野辺地−大湊〈1987.8.24〉 

下 記

自動閉塞化

〈1982.11.15〉野辺地●陸奥横浜■下北▲大湊(野辺地−下北…票券、下北−大湊…タブレット) → ashiwodi様から情報をいただきました
〈1987.8.24〉野辺地●陸奥横浜■大湊(野辺地−陸奥横浜…スタフ、陸奥横浜−大湊…票券)
陸奥横浜には異様に背の高い腕木式の下り場内信号機と通票授受器が残っていました。

大畑線 下北−大畑〈1982.11.15改正〉 

スタフ

路線廃止

下北●大畑 → ashiwodi様から情報をいただきました
下北交通に移管されたものの自社バスとの競合が乗客減を招き、2001年3月末をもって鬼籍入り。旧国鉄キハ22が最後まで活躍していました。

八戸線 本八戸−久慈

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1987.8.17〉本八戸▲陸奥湊■鮫●階上■種市●陸中八木■侍浜▲久慈併合閉塞陸中八木▼久慈
〈2004.10.16〉本八戸▲陸奥湊■鮫●階上★陸中八木★久慈
只見線とともに残った長大タブレット閉塞線区でしたが、2005/10には同区間の特殊自動閉塞化、2005/12改正時にCTC化されました。→ のらりくら2号様から情報をいただきました

久慈線 久慈−普代〈1982.11.15改正〉 

スタフ

三陸鉄道転換とともに自動閉塞化

久慈●普代 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・三陸鉄道北リアス線の一部。日に5往復の超閑散線でしたが、夏には「くろさき」などの臨時列車も乗り入れていました。

黒石線 川部−黒石〈1982.11.15改正〉 

タブレット

路線廃止

川部●黒石 → ashiwodi様から情報をいただきました
国鉄末期の第一次特定地方交通線で、弘南鉄道移管とともに自動閉塞化。そののち1998年に廃止となりました。

五能線 東能代−川部〈1982.11.15改正〉 

タブレット

自動閉塞化

東能代▲能代●沢目▲八森■岩館●陸奥岩崎▲深浦■追良瀬●北金ヶ沢▲鰺ヶ沢■陸奥森田▲五所川原■陸奥鶴田▲板柳●藤崎■川部
 → ashiwodi様から情報をいただきました
現在の閉塞区間は東能代ー能代ー岩館ー深浦ー北金ヶ沢ー鰺ヶ沢ー五所川原ー板柳ー川部に整理され、能代ー五所川原間の平均閉塞区間距離は実に24.4キロ。

花輪線 好摩−大館 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1982.11.15〉好摩▲大更●岩手松尾▲龍ヶ森■荒屋新町▲田山●湯瀬▲陸中花輪●十和田南▲末広■大滝温泉●扇田▲東大館■大館併合閉塞大更▼荒屋新町
 
 → ashiwodi様から情報をいただきました
〈1987.8.24〉好摩▲大更●岩手松尾▲龍ヶ森■荒屋新町●湯瀬■陸中花輪●十和田南■大滝温泉●扇田▲東大館■大館
岩手松尾=現・松尾八幡平 龍ヶ森=現・安比高原 湯瀬=現・湯瀬温泉 です。自動化とともに交換駅も大幅に減らされてしまいました。

角館線 角館−松葉〈1982.11.15改正〉 

スタフ

秋田内陸縦貫鉄道転換とともに
自動閉塞化

角館●松葉 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・秋田内陸縦貫鉄道の一部。阿仁合線と手をつないで鷹巣ー角館間全線開通を果たしました。

山田線 盛岡−釜石 

タブレット→連査

盛岡ー宮古間非自動現役

〈1944年時点〉盛岡◎上盛岡●上米内■大志田▲浅岸●区界■松草▲平津戸●川内■箱石●陸中川井▲腹帯●茂市■蟇目▲千徳●宮古■磯鶏●津軽石▲豊間根●陸中山田■岩手船越▲吉里吉里●大槌■鵜住居▲釜石
〈1965年時点〉
盛岡ー(1944年時点に同じ)ー川内▲陸中川井●茂市ー(1944年時点に同じ)ー釜石(併合閉塞…盛岡●浅岸■茂市●宮古▲陸中山田●釜石)→ 糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました
1982.11.15改正(連査閉塞)盛岡ー上米内ー区界ー川内ー茂市ー宮古ー津軽石ー豊間根ー陸中山田ー岩手船越ー大槌ー鵜住居ー釜石(併合閉塞…盛岡ー区界/宮古ー陸中山田ー釜石) → ashiwodi様から情報をいただきました
現在は盛岡ー宮古間が連査閉塞、宮古ー釜石間が特殊自動閉塞
昔は通票が活躍していましたが、現在は通票よりも希少な存在となってしまった「タマなし非自動閉塞」。閉塞方式よりも路線自体の存続の方が危ういかも…。盛岡ー宮古間は連査閉塞化に伴って閉塞区間がかなり大胆に統合されていますね。

岩泉線 茂市−岩泉〈1987.8.24〉 

下 記

路線廃止

1982.11.15改正〉茂市▲岩手和井内●浅内■岩泉(茂市−浅内…票券、浅内−岩泉…スタフ) → ashiwodi様から情報をいただきました
〈1987.8.24〉茂市■岩泉(スタフ)
連査閉塞の山田線に接続するスタフ閉塞路線。岩手和井内折り返し列車もありましたが、晩年は1日3往復の超閑散線区に。2010/7の土砂崩れにより全線不通となったまま2014/4/1廃止。

宮古線 宮古−田老〈1982.11.15改正〉 

スタフ

三陸鉄道転換とともに自動閉塞化

宮古●田老 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・三陸鉄道北リアス線の一部。

釜石線 釜石−花巻 

タブレット→連査

自動閉塞化

〈1965〉釜石●小佐野▲洞泉●陸中大橋▲上有住■足ヶ瀬●岩手上郷▲遠野■岩手二日市●鱒沢▲宮守■岩根橋●晴山■土沢▲小山田■似内●花巻
(併合閉塞…釜石▲陸中大橋■遠野▲宮守■花巻) → 糸崎車掌区車掌長様から情報をいただきました
1982.11.15改正(連査閉塞)釜石ー小佐野ー洞泉ー陸中大橋ー上有住ー足ヶ瀬ー岩手上郷ー遠野ー岩手二日市ー鱒沢ー宮守ー岩根橋ー晴山ー土沢ー似内ー花巻(併合閉塞…釜石ー陸中大橋ー遠野ー宮守ー花巻) → ashiwodi様から情報をいただきました
ここも山田線と同じくタブレット閉塞から連査閉塞化されましたが、現在は特殊自動閉塞となっています。

大船渡線 一ノ関−盛〈1982.11.15改正〉 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

一ノ関■真滝▲陸中門崎●陸中松川■摺沢▲千厩●折壁▲気仙沼●上鹿折▲陸前矢作■陸前高田●小友▲大船渡●盛(併合閉塞…一ノ関■陸中松川▼千厩●気仙沼◎盛)
 
→ ashiwodi様から情報をいただきました
急行「むろね」「からくわ」などが通過授受。

盛線 盛−吉浜〈1982.11.15改正

スタフ

自動閉塞化

盛▲吉浜 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・三陸鉄道南リアス線の一部。のちに三陸縦貫ルートの一部となる盛線・宮古線・久慈線などの盲腸線が、少ない列車を細々と走らせている時代でした。

北上線 北上−横手 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1982.11.15〉北上●藤根■横川目●和賀仙人▲陸中大石●陸中川尻■黒沢▲相野々●横手併合閉塞北上■和賀仙人▼陸中川尻●横手
〈1987.8.20〉北上●藤根■和賀仙人▲陸中川尻■黒沢▲相野々●横手併合閉塞北上■和賀仙人▼陸中川尻●横手
陸中大石=現・ゆだ錦秋湖、陸中川尻=現・ほっとゆだ です。臨時急行「おが」、臨時快速「千秋」が自動化直前まで通過授受をやっていました。

男鹿線 追分−男鹿〈1982.11.15改正〉 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

追分■二田▲脇本●男鹿併合閉塞追分●男鹿 → ashiwodi様から情報をいただきました
つい最近まで貨物列車が走り、タブレット時代には途中駅での通過授受もありました。

阿仁合線 鷹ノ巣−比立内〈1982.11.15改正〉 

タブレット(併合は票券)

秋田内陸縦貫鉄道転換とともに
自動閉塞化

鷹ノ巣▲合川■米内沢▲阿仁前田●阿仁合■比立内 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・秋田内陸縦貫鉄道の一部。転換とともに鷹ノ巣は「鷹巣」と改められました。JRは今も「鷹ノ巣」。角館線とともに悲願の全通を果たした鉄道です。

陸羽西線 新庄−余目 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1982.11.15改正〉新庄■枡形●津谷■古口▲高屋■清川●狩川■余目(併合閉塞…4/1〜12/14=新庄■余目、12/15〜3/31=新庄■清川◎余目)
  
 → ashiwodi様から情報をいただきました
〈1987.8.16〉新庄●古口▲清川■余目
82年当時の併合閉塞は季節により閉塞区間が違っていました。冬季に2閉塞化するのは除雪列車運転等の関係だったものと思われます。

陸羽東線 小牛田−鳴子〈1982.11.15改正〉 

連 査

自動閉塞化

小牛田ー北浦ー古川ー西古川ー岩出山ー池月ー川渡ー鳴子(併合閉塞…小牛田ー鳴子) → ashiwodi様から情報をいただきました
最初通票閉塞だったのが、いつの時点かに連査化したものでしょう。鳴子ー新庄間は一足先に特殊自動閉塞化されていました。

長井線 赤湯−荒砥〈1982.11.15改正〉 

連 査

山形鉄道に転換後自動閉塞化

赤湯ー宮内町ー今泉ー長井ー荒砥 → ashiwodi様から情報をいただきました
山形鉄道に転換した後もしばらく連査閉塞のままでした。今泉の荒砥方1.8キロ地点(旧・白川信号場)までは米坂線と線路を共有していますが、米坂線の閉塞方式はタブレット→特殊自動なので、連査閉塞の長井線との間でどのようにこの区間の防護を確保していたのか…

仙石線 東塩釜−石巻〈1982.11.15改正〉 

連 査

自動閉塞化

東塩釜▲松島海岸●高城町■野蒜▲陸前小野●矢本▲陸前赤井●陸前山下■石巻 → ashiwodi様から情報をいただきました
旧国車両の特別快速や快速が通過授受をやっていました。モハ72・79の足回りに103系風の車体を載せた珍車も活躍してましたね。

仙山線 仙台−羽前千歳〈1982.11.15改正〉 

奥新川ー山寺…連動
その他…タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

仙台●北仙台■陸前落合▲愛子●陸前白沢■作並●奥新川−面白山(信)−山寺▲楯山●羽前千歳(併合閉塞…仙台▼作並◎山寺■羽前千歳)
 
→ ashiwodi様から情報をいただきました
奥新川ー山寺間では面白山信号場での通票授受を不要とするため開業当初から連動閉塞が用いられていました。現在では絶滅した閉塞方式です。くわしくはこちら

丸森線 槻木−丸森〈1982.11.15改正〉 

タブレット

阿武隈急行に転換後自動閉塞化

槻木●丸森 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・阿武隈急行の一部。単純ピストン運転なのにタブレット閉塞でした。阿武急転換前後にスタフ閉塞化し、その後全通・電化とともに自動化されました。

只見線 会津若松−小出 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

〈1982.11.15〉会津若松▲西若松●会津高田▲会津坂下■会津柳津■滝谷●会津宮下■会津川口▲只見●大白川■越後須原▲小出(併合閉塞…大白川■小出)
 
→ ashiwodi様から情報をいただきました
〈1987.8.27〉会津若松■西若松●会津高田▲会津坂下■会津柳津●会津宮下■会津川口▲只見●大白川▲越後須原■小出
〈2003.2〉西若松●会津坂下▲会津宮下■会津川口▲只見●大白川■小出
 → 会津のK様、オバQ電鉄様から情報をいただきました
現 在日本最長の非自動閉塞路線。大幅な閉塞統合が実施され、列車本数も減少しました。大白川ー小出間は2007/12/11、只見ー大白川間は 2008/9/26、西若松ー会津坂下間は2011/10/7、会津坂下ー会津川口間は2012/9/22をもって特殊自動閉塞化し、災害不通の会津川 口ー只見を除き全線自動化されました。→ 自動化についてまゆつば鉄道様から情報をいただきました

会津線 西若松−会津滝ノ原〈1982.11.15改正〉 

タブレット

会津鉄道に転換後自動閉塞化

西若松■上三寄●湯野上■楢原▲会津田島●会津滝ノ原 → ashiwodi様から情報をいただきました
現・会津鉄道。上三寄=現・芦ノ牧温泉、湯野上=現・湯野上温泉、楢原=現・会津下郷、会津滝ノ原=現・会津高原。会津田島ー会津高原間には転換後もしばらくスタフ閉塞が残っていたようです。

南部縦貫鉄道 野辺地−七戸〈1987.8.22〉

票 券

路線廃止

野辺地■七戸
レールバスで有名でしたね。かつては天間林でも交換可能でした。折り返しだけのダイヤだったにもかかわらずスタフ閉塞でなく票券閉塞だったのもその名残りかも知れません。

津軽鉄道 津軽五所川原−津軽中里〈1991.9.18〉 

津軽五所川原−金木…タブレット
金木−津軽中里…票券

非自動現役

津軽五所川原●津軽飯詰▲金木●津軽中里 → 特急まつかぜ様から情報を頂きました
〈2005〉津軽五所川原●金木●津軽中里 → 津鉄ファン様から情報を頂きました
金木−津軽中里間の票券閉塞では、いわゆる「タマ」ではなく30cm位の棒の先に丸い金属板を取り付けた「棒状通票」を使用しています。
現在、津軽五所川原ー金木間、金木ー津軽中里間ともに第1種ですが、タブレットと棒状通票の区別が付くのでOKです。

小坂製錬小坂鉄道 大館−小坂〈1991.9.19〉

タブレット

路線廃止

大館▲茂内●小坂
現在貨物列車のみ運行。DL三重連で名を馳せ、小坂行貨物列車のみ茂内で通過授受をやっています。旅客列車のあったころは大館−小坂間の併合閉塞をタブレット閉塞式で施行しており、大同信号D型閉塞機による「わん型」通票を使用していました。2009/4/1廃止。

由利高原鉄道 羽後本荘−矢島(2001.2.12) 

羽後本荘−前郷…スタフ
前郷−矢島…タブレット

非自動現役

羽後本荘■前郷●矢島
前郷の矢島方出発信号機には通票携帯標が掲出されています。

栗原電鉄 石越−細倉〈若柳−栗駒間は1991.9.19〉 

若柳ー栗駒…タブレット
その他…スタフ

路線廃止

石越▲若柳■沢辺▲栗駒●細倉 → 「やまてつほーむぺーじ」のひろ様から情報を頂きました
のち第三セクター化によりくりはら田園鉄道に。非電化→電化→非電化という経歴を持つ鉄道です。2007/3/31廃止。

次のページ(関東・甲信)へ 北海道 中部 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ