小坂鉄道  1991/9/18撮影

正式名称は小坂製錬小坂鉄道。以前は片上鉄道(廃止)と同じく同和鉱業の所有でした。
1994/10に旅客営業をやめ貨物専業になりましたが、2009/4/1付けで全線廃止。小坂行の貨物は茂内でタブレットの通過授受をやっていました。
また、旅客のあったころは大館−小坂間で併合閉塞も施行しており、併合時は大同信号D型閉塞機によるタブレット閉塞。
このときのタブレットは円盤状のタマではなく、ミシン糸の糸巻きのような「わん型」のものを使っていました。


  
 貨物専業化後10年目の茂内駅写真(Sエアポート様ご提供)
大館

 大館〜小坂行発車


運転士用時刻表

大館12:00発の列車は大館▲茂内●小坂の
基本閉塞、小坂9:45発は併合閉塞で運転

大館の旅客列車用出発信号機

雪沢温泉

簡素なハエタタキが並ぶ

茂内に進入
通過信号機付き

 茂内到着・発車

茂内

小坂到着

 


運転室直後の窓には
通過授受用のタブレット防護柵がついていた

向こうは発車を待つ三重連貨物


廃止後は小坂駅の土地・施設を活用した
小坂鉄道レールパーク
がオープン

貨物専業化後10年目の茂内駅写真