線区別通票種別一覧

この調査を始めた1985年あたりは、既に非自動閉塞方式が淘汰されつつある状況ではありましたが、通票を介する閉塞方式はまだそれなりに幅をきかせていた時代でした。幹線系線区でもタブレット閉塞式のところが多く、優等列車の通過授受も日常的に行なわれていました。

駅 には、通票を交換する際に一時的にキャリアを引っ掛けておく「通票仮置場」というのがあり、そこにはたいてい「☆☆方 ●」などと隣駅との間の通票種別が 表示されていましたので、いつしかそれをチェックする習慣がつきました。それらを見落としてしまった時には、運転席の後ろから運転士用の時刻表を覗き見し て補足したりしました。その集大成がこの種別一覧というわけです。

こ ういった地味な作業ですから、チェックし損ねたり居眠りをしたりして記録がぽっかり途切れてしまった部分も多々あります。線区ごと抜け落ちてしまった所も あります。また、誤りもあるかと思います。そのような不十分な点は御容赦頂くとともに、もしも欠落部分の種別情報をお持ちの方がいらっしゃれば、御教示い ただければ幸いに存じます。

北海道 東北 関東・甲信 中部 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区


 <表の見方> 路線名・停車場名は調査時点のものです
路線・区間名 〈調査年月日〉 

当時の閉塞方式

現在の状況

停車場間の通票種別 ●=第1種 ■=第2種 ▲=第3種 ◎=第4種(楕円)★=種別不明
コメント


<北海道>   東北 関東・甲信 中部 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ
函館本線 長万部−小樽〈1985.8.10〉 

タブレット

自動閉塞化

長万部●二股■蕨岱●黒松内■熱郛●上目名▲目名■蘭越●昆布■ニセコ●比羅夫■倶知安●小沢■銀山●然別■仁木●余市■蘭島▲塩谷■小樽〈1970〉
 
→ 糸崎車掌区車掌長様から情報を頂きました
長万部★二股★黒松内★熱郛★目名■蘭越●昆布■ニセコ▲倶知安●小沢■銀山●然別■仁木●余市■蘭島▲塩谷■小樽〈1985.8.10〉
1970年といえば C62重連が急行ニセコを引いていた時代だったそうです。蕨岱、上目名、比羅夫でも閉塞扱いがありました。

札沼線 石狩月形−新十津川〈1992.7.6〉 

スタフ

非自動現役

石狩月形■新十津川
この区間、今は一閉塞ですが、1985年8月に乗ったときは浦臼でも交換可能だったように記憶しています。

留萌本線 深川−増毛〈1992.7.9〉 

スタフ

非自動区間廃止

〈1992.7.9〉深川★石狩沼田★峠下▲留萌★増毛
〈2005.3.4〉留萌■増毛 
→ まゆつば鉄道様から情報を頂きました
ここも不明が多くてすみません。峠下停車中の窓からちらりと確認できただけでした。石狩沼田は棒線駅となっています。
最後のスタフ閉塞区間だった留萌ー増毛間は2016/12/5廃止。

石勝線 新夕張−夕張〈1992.7.10〉 

新夕張−清水沢…タブレット
清水沢−夕張…スタフ

自動閉塞化

新夕張▲清水沢●夕張
清水沢ではJR北海道最後の腕木式信号機が頑張っていましたが、2004/3/7限りで特殊自動閉塞化、清水沢も棒線駅となりました。

胆振線 伊達紋別−倶知安〈1985.8.23〉 

タブレット

路線廃止

伊達紋別▲久保内●新大滝▲御園■喜茂別▲京極◎倶知安
訪問時は鈍行オンリーでしたが、その昔は循環急行いぶり(札幌−苫小牧−伊達紋別−倶知安−小樽−札幌)ちゅーのも走っていましたね。

富内線 鵡川−日高町〈1985.8.20〉 

タブレット

路線廃止

鵡川▲旭岡●穂別▲富内●振内▲日高町
日高本線の記録が残っていないので、多分また居眠りしてたんやろーなー(~_~;)

深名線 深川−名寄〈1992.7.13〉 

深川−朱鞠内…タブレット
朱鞠内−名寄…票券

路線廃止

深川■幌加内●朱鞠内■名寄
昔は多度志、鷹泊、天塩弥生等でも閉塞扱いをやっていました。

天北線 音威子府−南稚内〈1989.3.4〉

タブレット

路線廃止

音威子府■小頓別◎敏音知●中頓別▲浜頓別■鬼志別●曲淵■声問●南稚内
かつては棒線駅の小石(鬼志別−曲淵間)でも閉塞扱いをしていたそうです。続行運転の需要があったのでしょうか。

宗谷本線 南稚内−稚内〈1989.3.4〉 

タブレット

自動閉塞化

南稚内■稚内
南稚内以南が自動閉塞化されても、南稚内−稚内間だけなぜかしばらくタブレット閉塞が残っていました。

名寄本線 名寄−遠軽〈1989.3.1〉 

タブレット

路線廃止

名寄◎下川■上興部▲中興部●興部■沙留◎紋別▲小向◎中湧別●遠軽
第4種が多いですが、かつては上名寄(名寄−下川間)、渚滑(沙留−紋別間)、開盛(中湧別−遠軽間)でも交換があったので、閉塞統合に伴ってこれらの区間が第4種になったものと思われます。

江差線 五稜郭−江差 

五稜郭ー湯ノ岱…タブレット
湯ノ岱ー江差…スタフ

路線廃止

〈1985.8.22〉五稜郭★七重浜■上磯●渡島当別■木古内▲湯ノ岱●江差
〈2005.3.4〉湯ノ岱■江差 
→ まゆつば鉄道様から情報を頂きました
木古内までは津軽海峡ルートの一部となり、通票も湯ノ岱−江差間のスタフとして細々と残っていました。木古内ー江差間は2014/5/11廃止、五稜郭ー木古内間は北海道新幹線開業に伴い2016/3/26道南いさりび鉄道に移管。

根室本線 釧路−根室〈1985.8.21〉 

タブレット

自動閉塞化

釧路★東釧路★上尾幌★厚岸◎茶内■厚床●落石■根室
急行「ノサップ」「ニセコ」が通過授受をやっていました。

標津線 標茶−中標津

タブレット

路線廃止

標茶●泉川■西春別▲計根別●中標津 → 運転時刻表ギャラリー様を参考にさせていただきました。
厚床ー中標津ー根室標津の区間とで「イ」の字型の路線を形成していました。原野の中をひたすら走り続ける路線でした。

北海道ちほく高原鉄道 池田−北見

タブレット(併合は票券)

路線廃止

池田▲高島●本別■足寄●上利別▲陸別■置戸▲訓子府★上常呂★北見併合閉塞…足寄■陸別)
足寄ー陸別間は常時併合閉塞でした。本別ー足寄間、陸別ー置戸間とともに■が3閉塞区間も連続してしまいますが、タブレットと票券閉塞用通票とは形状が異なり、区別が付くのでOKとのことです。1997年に全線特殊自動閉塞化されましたが、2006/4/21廃止。

石北本線 新旭川網走〈1970〉 

タブレット(併合は票券)

自動閉塞化

新旭川●東旭川▲桜岡■当麻●伊香牛■愛別●中愛別■安足間▲上川■天幕▲中越●上越■奥白滝▲上白滝●白滝■下白滝▲丸瀬布●瀬戸瀬◎遠軽■安国●生田原■常紋(信)●金華■留辺蘂●相ノ内■東相ノ内◎北見●端野■緋牛内▲美幌●女満別■呼人▲網走(併合閉塞…上川◎中越/白滝■丸瀬布◎遠軽●生田原/留辺蘂▼北見■美幌◎網走)  → 糸崎車掌区車掌長様から情報を頂きました
旭川ー東旭川間は自動閉塞。全線自動化は1980年代。当時はこれだけの長大非自動路線も決して珍しくありませんでした。

次のページ(東北)へ 北海道 関東・甲信 中部 近畿 中国 四国 九州 通票の現存する線区 種別一覧トップ