札沼線  1992/7/6撮影

都市型路線「学園都市線」の末端はわずか1日1往復の超閑散区間。これほど落差の激しい鉄道も珍しいですが、スタフが細々と生きていました。
「非自動」閉塞というより「手動」閉塞という趣の、つつましやかな営みがここにはありました。


絵本に出てきそうな駅舎

新十津川駅舎内に貼ってあった時刻表 

…何カ変デスナァ

ふたたび列車が走ることのない鉄路

石狩月形に進入 

細いレールが波打つ

石狩月形

スタフを駅に返し、ここからは自動区間

 スタフ渡し



札沼線スタフ近影
(まゆつば鉄道様提供 2003/1/2撮影)