高山本線 鷲原信号場 2003/3/30撮影

 YouTubeよんかくチャンネル「高山線の信号場」

下り列車前望

下り場内信号機を見て
短いトンネルを抜けると…

配線はごく普通の信号場だが
信号機の背が異様に高いように思う

見通しが悪いからなんだろうが…
下り出発も高い!

上り列車前望

対向列車がすでに停車していたが
上り出発中継は停止
電球を交換するのも大変だろうなぁと
いらぬ心配をしてしまう


<現地情報> ダイヤグラム(2003/2/20現在)

位 置
高山本線白川口から3.4キロ、下油井から5.2キロ地点

所在地
岐阜県加茂郡白川町河東字鷲原

交 通 
高山本線白川口駅から国道41号線で約5キロ 白川口駅・下油井駅から濃飛バスあり

現地の状況
高山線岐阜方面から数えて2番目の信号場。山と川に挟まれ屈曲した地形上に立地しているため、信号場全体がSカーブを描いており、見通しは非常に悪い。よって上下線出発信号機は思いのたけ背が高くなっていて、当信号場の名物(?)となっている。配線は片開きポイントが点対称に配置されていて、上下線とも進出時に制限60を受ける。
当信号場は国道41号線「道の駅美濃白川」のすぐ裏手にあり、クルマで行くにはこれ以上ない好条件である。バス利用なら白川口駅・下油井駅から濃飛バス佐見線に乗って「鷲原」で降りればよいが、例によって本数が少ないので注意。