篠ノ井線 桑ノ原信号場 2003/3/29撮影  

YouTube よんかくチャンネル

  篠ノ井線の信号場(平瀬、羽尾、桑ノ原信号場+姨捨駅)

信号場中央から篠ノ井方を見る

ここも羽尾と同じシザースクロス配線

左下からまっすぐ伸びるレールが本線

交換しない列車は
本線を一直線に走り抜ける

上り列車が特急と交換する

連続写真

  


踏切の塩尻方には
小屋(信号扱所)の跡らしきベタ基礎が

信号場の塩尻方終端

下駄の歯のような長野自動車道の橋脚が
周囲を威圧している

ここからの善光寺平の眺めもなかなかよい
オールタキの編成美も信号場に映える


<現地情報> ダイヤグラム(2003/2/20現在)

位 置
篠ノ井線姨捨から4.2キロ、稲荷山から4.5キロ地点 

所在地
長野県千曲市大字桑原

交 通 
篠ノ井線稲荷山駅またはしなの鉄道屋代駅から約5キロ(国道403号線経由)

現地の状況
廃止された旧・羽尾信号場と並ぶスイッチバック信号場。スイッチバックの連続する運転士泣かせの区間にあって、当信号場でも1日数回の列車交換を扱う。信号場の山側に高速道路が張り付いて美観を著しく損ねているが、ここは長野盆地に向かって開けた位置にあり、姨捨駅並の眺望も楽しめる。しかも信号場全体が緩やかにカーブしており、アングルによっては素晴らしい写真が撮れる可能性がある(私はあいにくそのような素晴らしい写真を撮れなかったが(^^;;)。
ア クセス面は、クルマで行く場合は比較的わかりやすくて楽で、狭い道に悩まされることなく信号場中央の踏切まで行くことができる。ただし踏切から山側は一面の果樹園で道がとたんに狭くなるので、撮影場所を求めて山側へ移動する場合は踏切横にクルマを置いて歩くのが無難。また、姨捨駅と長野電鉄屋代駅から出ている千曲市循環バス姨捨線が信号場下の桑原集落を通るが、信号場までかなり離れている上、バスの本数が少ない。