信号場ダイヤグラム 石北本線(上川ー留辺蘂間) 2018/2/1現在
拡大図 全図  6時台〜16時台 13時台〜22時台
ひとこと
石北本線は道央と北見・網走方面の各都市とを結ぶ重要路線ではあるが、そのうち上川ー遠軽間は人口希薄により地域輸送の需要がほとんどなく、ダイヤは極めて閑散としている。貨物列車が1日1往復設定されているため本図にない列車交換の可能性はあるが、特に上川ー白滝間には元・旅客駅の信号場が3か所あるにもかかわらず、旅客列車の交換自体が上越信号場での2回しかない。現状のようなダイヤでは3か所もの交換設備は過剰に思えるが、冬季などダイヤ乱れ時の列車運行を考えると、これより閉そく区間数を減らすことは困難であろう。
白滝
遠軽間では、下白滝信号場・丸瀬布・瀬戸瀬の3交換停車場で1回ずつの列車交換が行われている。
遠軽ー留辺蘂間では、金華信号場が4回
、生田原でも3回もの列車交換をこなしているのが目を引くが、これは生田原ー金華信号場間にあった常紋信号場の棒線化及び廃止によって、停車場間距離が15.0キロにまで延びたことによると思われる。
なお、留辺蘂方面から西留辺蘂折り返し列車が2往復設定されているが、これはかつて金華行として運転されていた。金華の信号場化後、客扱いは西留辺蘂までとなったが、同駅が1面1線の棒線駅であるため、車両そのものは現在も金華信号場まで行って折り返しを行なっている。