篠ノ井線 平瀬信号場 2003/3/29撮影 

YouTube よんかくチャンネル

  篠ノ井線の信号場(平瀬、羽尾、桑ノ原信号場+姨捨駅)

松本方面への出発信号機


篠ノ井方を見る
交換する普通列車

上り列車は制限60を受けて左側通行  線形は一線スルーなのにもったいない


<現地情報>  ダイヤグラム(2003/2/20現在)

位 置
篠ノ井線松本から4.2キロ、田沢から4.1キロ地点 

所在地
長野県松本市大字島内

交 通 
大糸線島内駅から北へ約3キロ
または同駅から松本市西部地域コミュニティ
バス島内・新村線(ラーラ松本行)「平瀬川西」停西へ約0.5キロ

現地の状況
松 本市街からやや北方の山裾にある一般的な交換型信号場だが、同線内の桑ノ原信号場がスイッチバック構造なのに対してここはやや地味な印象がある。ここでの列車交換は朝夕中心で、日中にも普通×特急、普通列車同士の交換が見られる。線形は一線スルーだが、双方向へ発車できる信号設備を備えていないため上り通過列車は速度制限を食らっている。
ここへのアクセスは
大糸線島内駅からコミュニティバスが最も便利だが、本数が少ないので要確認。篠ノ井線とつかず離れずで国道19号線が並行していて、遠目から見るだけならここからでも十分だが、信号場近くへ行くなら「松本トンネル有料道路」の高架が線路を跨ぐ地点から線路築堤下の田圃道を歩いていくしかない。