信号場ダイヤグラム 田沢湖線(盛岡ー田沢湖間) 2018/2/1現在

拡大図 全図 5時台〜15時台 13時台〜22時台
ひとこと
秋田新幹線の一翼を担う本路線は当然ながら「こまち」主体のダイヤが引かれているが、赤渕を境としてかなり異なる表情を見せている。
盛岡ー赤渕間は地域輸送の需要が大きいため雫石あるいは赤渕までの普通列車が多く走っており、日中から夕刻にかけてはパターンダイヤ的な運行形態も見られる。「こまち」同士の交換の大半は大釜で行われ、雫石では同方向の追い抜きも見ることができる。
一方、赤渕ー田沢湖間は県境を挟む人口希薄地域を走るため旅客駅がなく、普通列車は4往復に激減。列車交換に関しては大地沢、志度内の両信号場が分担しており、交換回数は大地沢3回、志度内4回と、普通列車が少ないなりにそこそこ健闘していると言えよう。
なお、夏期と年末年始には「こまち」がほぼ1時間2本体制となるため、線内は交換設備フル稼働のネットダイヤ状態となる(下図参照)。

(参考)2017/12/30のダイヤ