信号場ダイヤグラム 根室本線(新得ー釧路間) 2017/12/27現在

拡大図 全図 
新得ー池田間
 
6時台〜16時台 14時台〜23時台
池田ー釧路間
 6時台〜16時台 14時台〜23時台
ひとこと
石勝線と一体的に道央と帯広・釧路方面を結ぶ、道内最重要区間の一つ。新得ー帯広間と帯広ー釧路間とで列車密度に差があるが、おおむね比較的人口の多い地域を縫って走っているため、普通列車などの地域輸送もそれなりに見られる。
列車密度の最も高い新得ー帯広間においては、平野川、上芽室の両信号場が旅客列車だけでもフル稼働と言ってよいほど列車交換・待避を数多くこなしている。上芽室信号場では下り普通列車が上り普通・特急の2列車と相次いで交換する場面も見られるなど、時間帯によってはほぼネットダイヤに近い稠密なダイヤが組まれている。
帯広ー釧路間ではダイヤに余裕が生じるせいか信号場を避けて旅客駅での交換・待避を行う傾向が見られ、特に豊頃や新吉野などで盛んに交換・待避を行なっている反面、昭栄、常豊、上厚内の各信号場での列車交換が1〜2回と信号場の稼働率は低い。上厚内信号場は信号場→旅客駅→信号場という経歴を持っており、道内にはこのような出戻り信号場が他にもいくつかある。
釧路に近づくにつれ、区間運転の普通列車が入るなど若干だがダイヤが賑やかになってくる中にあって、東庶路信号場は4回の列車交換機会がある。そのうち1回は上下普通列車が下り特急の通過を待つ、3線構造を活かした交換・待避を行なっている。