信楽高原鐵道  2003/7/27 撮影

旧・国鉄信楽線。世界陶芸祭観客輸送のため小野谷信号場を設置した直後、JR直通列車との正面衝突事故…。
小さな三セク鉄道が、多数の犠牲と引き換えに背負った悲しみと責任は、あまりにも大きなものでした。
そして長い運休期間の後、全線1閉塞に戻って再スタート。使用停止となった信号場や信号機など、事故の痕跡をとどめながらも
安全への誓いとスタフを携えて、列車はたくましく走っています。


貴生川

JR草津線上りホームと共用

<おまけ> 貴生川で見つけた非自動なもの

列車とスタフはひたすら折り返す日々
キャリアもスタフも
年季が入っていそうだ
横を向けられてしまった
信楽方の出発信号機
貴生川の場内信号も横向き

小野谷信号場

錆びついた待避線

 →信号場応援団小野谷信号場

唯一、生きている信号機

事故の記憶を風化させまいとの思いが安全運行を支えている

参考ウェブページ:赤信号で走った列車(京都新聞社サイト)