衣浦臨海鉄道  2014/3/21・22撮影

JR武豊線東浦から碧南線(東浦ー碧南市8.2キロ)、東成岩から半田線(東成岩ー半田埠頭3.4キロ)が出ており、どちらもタブレット閉そく。
東浦、東成岩の両駅でタブレット授受が見られますが、有効長の関係で機関車がホームを行き過ぎて停車するため、ホーム上で疑似通過授受が
行われます。停車での授受もいいものですが、走行中の投げと渡しはやはりアクションが派手なので萌えますね。

東 浦

下り出発信号機

駅の武豊方から碧南線が分岐

朝の下り碧南市行

連続写真

動画

折返し碧南市発上り列車

動画

東成岩

下り出発信号機と発着場への場内信号機

発着場・・・東成岩でスイッチバックする貨物列車の引き上げ線と機回し線
大府方面から入線する下り半田埠頭行

列車はタブレットを受けて一旦ホームを通過。
そのまま駅の武豊方にある着発線に入り、機回しの後スイッチバックして再びホームを通過、大府方にある分岐から半田線へ入る。

連続写真

動画

半田埠頭からの上り列車

下り半田埠頭行と逆の手順で武豊線に入る。
半田線から進入してきた列車はホーム上でタブレットを渡し、そのまま駅の武豊方にある着発線に入り、機回しの後スイッチバックして再びホームを通過、大府へ向かう。

よって、タブレットの受けも渡しも大府方を向いて行われる。

連続写真

動画