関西本線 朝明信号場 2003/3/28撮影 

 YouTubeよんかくチャンネル「関西本線の信号場」

員弁川橋梁の直前にある停車場名標示

黒丸に黄色い三角の標識は、ここから見通せる信号機が
場内信号機であることを示す

その向こうにある標示は「停通確認」
平常時でも朝明信号場で停車するスジがあるのだろうか

員弁川橋梁を渡った所に立つ上り場内信号機

分岐(合流)部分と上り出発信号機

左に見えるのは近鉄名古屋線益生駅

亀山方を望む

上り列車は制限60
名古屋−四日市間に数カ所残る単線区間のため
線路容量は限界に近づいている

<現地情報>

位 置
関西本線桑名から1.6キロ、朝日から3.1キロ地点

所在地
三重県桑名市大字大福字畑田

交 通 
近鉄名古屋線益生駅からすぐ

現地の状況 
桑名からここまでの1.6キロが単線区間。桑名駅南側の三岐鉄道北勢線(元・近鉄北勢線)のガード桁下が単線分の幅しかなく、複線化が困難なためと思われる。
当 信号場は近鉄益生駅ホームから間近だが、関西本線が員弁川橋梁に向けて上り勾配となっているため、分岐の様子はよく見えない。また、信号場東側は住宅密集地でしかも線路は築堤上なので、容易に近付くことはできない。全体を見渡したければ、近鉄益生駅北側の歩道橋上から眺めるしかないだろう(後半の4枚の写真は歩道橋から撮影)。